【公式】富士吉田市観光ガイド

吉田のうどんを知り尽くしたマイスターが教える吉田のうどんランキング!

吉田のうどんで迷ったらマイスターおすすめのお店へ!

吉田のうどんマップに掲載している全47店舗(2019年現在)を制覇した者だけが得られる称号・吉田のうどんマイスター。初心者におすすめのお店や麺が硬いお店ランキング、こだわりのすりだねランキングなど、マイスターたちが厳選したお店をご紹介します。
噛むほどに小麦の味をかみしめる 自称「日本一硬いうどん」
富士吉田市が誇る郷土料理・吉田のうどんの最大の特徴はコシが強い麺。醤油と味噌をブレンドしたスープと、噛めば噛むほど素材の旨みが広がる麺の虜になる人は数知れず、連日うどん店にはたくさんの人が訪れます。 トッピングもさまざまで、スタンダードはキャベツと馬肉。その他、かき揚げやきんぴらごぼう、生卵など店舗ごとバリエーションがあり、楽しみ方は無限大。 さらに詳しく吉田のうどんについて知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。
吉田のうどんマップ掲載の全47店舗を制覇しよう!
吉田のうどんをこよなく愛する吉田のうどんマイスターになるには、うどんマップ掲載の全47店舗を制覇しなくてはなりません。今までに154人(2020年1月現在)のマイスターが誕生しており、今もマイスターを目指して日夜うどんをすする吉田のうどんファンが後を絶ちません。マイスターに挑戦したい方は、吉田のうどんのお店に訪れる際にうどんの写真とお店の外観の写真を撮影してください。全店舗を制覇したら、参考にしたうどんマップとともに道の駅富士吉田の観光案内窓口に提出すると、うどんマイスターになることができます。 いったい、一日に何杯食べればマイスターになれるのか⁉どのくらいの期間がかかるのか??などの疑問は、ランキングの後、解説!
麺の固さで日本一と言われる吉田のうどんの中でも特に麺が硬いお店をご紹介!
吉田のうどんのいちばんの特徴である麺の硬さ。その硬さの由来は織物産業が盛んだった時代にまでさかのぼり、織り手である女性に代わって男性が力一杯腹持ちの良いうどんをこねたことだと言われています。手打ちならではの麺は店舗ごと個性があり、もっちり、ツルツル、ねじり、極太など食感も形状もさまざま。吉田のうどんを知り尽くしたマイスターたちが選ぶ”特に麺の硬い”お店ランキングをご紹介します。
吉田のうどんマイスターになるまでは険しい道のりが…
吉田のうどんマップ掲載の全47店舗を制覇した者にのみ与えられる称号・吉田のうどんマイスターまでの道のりはとても険しいようです。これから吉田のうどんマイスターを目指す方も、そうでない方も必見の情報です!
最高6杯の猛者も! 1日で食べた最大の吉田のうどんの量は?
麺が硬く、コシが強いことで有名な吉田のうどんは、その食感を「ガシガシ噛む」と表現されるほどの歯ごたえで、腹持ちが良いことでも知られています。マイスターたちは平均して、最高で3杯〜4杯のうどんを1日に食べていたようです。中には1日に6杯ものうどんを平らげた猛者も!
吉田のうどんは県外からのファンがたくさん! マイスターの居住地は?
約50店舗ものうどん店をめぐる必要があるため、地元の人が多いと考えられがちな吉田のうどんマイスター。しかし、その予想に反して市内在住はたったの1割で、山梨県内在住者を合わせても3分の1程度。山梨県出張のたびにうどん店巡りをしたマイスターや、休日のたびに富士吉田に訪れた県外のマイスターも。
ほぼ毎日うどんを食べるマイスターも! 吉田のうどんを食べる頻度は?
吉田のうどんをこよなく愛するマイスターたちは、称号を得てからも吉田のうどんをたくさん食べます。中にはほぼ毎日吉田のうどんを食べるほどのマイスターもいるようです。県外在住のマイスターが多い中で、3分の2のマイスターたちが1か月に1度は吉田のうどんを食べているのは驚きです。
1ヶ月でマイスターになった熱狂的ファンも! どれくらいの期間でマイスターになった?
約50店舗ものうどん店を巡るには多くの時間が必要になるはず。しかし、吉田のうどんマイスターの中には1ヶ月でマイスターになった強者もいます。一方で、仕事をしながら休日だけうどん店を巡るようなマイスターは約2年、長期にわたると7年かけてマイスターになった方も。
吉田のうどんに関しては一家言持つマイスターたちをうならせる、真に美味しいお店は…
マイスターたちの回答で多く見られたのは「どの店もそれぞれの個性があって良い」というコメント。麺の硬さ、つゆの風味はもちろん、一風変わったメニューやトッピング、お店の方のサービスや店内の雰囲気など… マイスターたちが迷った末に選んだ「ここに行けば間違いない!」というイチオシのお店を満を持してご紹介!
吉田のうどんは、食べれば食べるほど、ハマるんです。
マイスターの中には、はじめは硬い麺に馴染めず、讃岐うどんや稲庭うどんなど、柔らか目のうどんがベスト!と思っていた方もいるようです。しかし2度3度口にすると、いつしか「あの硬い麺が恋しい…」と思うように。そう、吉田のうどんには、ふと思い出すと恋しくなる、そんなやみつきになる魅力があるのです。県外の方でも、数か月で47店舗制覇できてしまう、都心からのアクセスの良さ。そして観光のついでに立ち寄れる富士吉田の見どころの多さもポイント。 「よし!マイスターになる‼」そう思った方はぜひこちらをチェック。

PR