登りやすくてもやっぱり日本一の山。体力つくりが登頂のカギ

夏場の富士山は登山道がしっかりしていて、休憩ができる場所も多く、登りやすい環境が整備されています。
しかしながら、日本一の標高を誇る山!楽に登れるほど甘くありません。
富士登山成功の最後の鍵はやっぱりあなた自身!事前に体を作って、準備をすることが大切です。

※体力レベルは富士登山と★5つと考えた場合の参考値です。

標高が1,000m程度の山。往復で4時間程度の山をチョイス!!
関東なら 仏果山(神奈川)
仏果山登山口バス停ルート   体力レベル:★☆☆☆☆

コースタイム往復4時間 最高地点700m
コース概要:まずは足慣らし。都心から近く、広々とした山頂でご飯を食べて、楽しくハイキング気分で山登り体験しましょう。天気が良ければスカイツリーも見られます。

関西なら 金剛山(大阪)
金剛登山口ルート       体力レベル:★☆☆☆☆
コースタイム往復4時間 最高地点1,125m
コース概要:関西での足慣らしは金剛山に行ってみましょう。やや急登ながら、歴史を感じながらあるける登山道。ロープウェイがあるので家族にも安心です。

この他にもハイキングにおすすめの山として、下記の山があります。
 ●宝登山(埼玉県)★☆☆☆☆
 ●鎌倉アルプス(神奈川県)★☆☆☆☆
 ●六甲山(兵庫県)★★☆☆☆
 ●二上山(奈良県)★☆☆☆☆
富士登山の練習は、やっぱり富士登山で!!
高山病にならないようにするためには、高所の環境に体を慣らす事が必要です。
そこで、本番前に1度は2,000m以上の山に登ってみるといいでしょう。

吉田口登山道
馬返し~五合目コース 体力レベル:★★★☆☆

コースタイム往復6時間 最高地点2,300m
コース概要:世界文化遺産の道として登録されているコースを麓から体験。余裕があれば六合目まで足を延ばしてみても。
登りながら数々の歴史文化財に触れることができ、登山以上に魅力あふれるコースとなっています。
オーディオガイドで歴史や文化について更に楽しめます。


宝永火山
富士宮五合目ルート  体力レベル:★★★☆☆

コースタイム往復4時間 最高地点2,000m
コース概要:実際の富士登山と同じような足場や斜面を体感できるコース。
山頂高度は2,000mあるので息切れ必至です。迫力ある噴火口を眺めながら、歩くことができます。

PR