【公式】富士吉田市観光ガイド

服装について

登山中は重ね着が基本!
まずは自分の持っている服をいくつか選んで、登山に適したものを重ね着することを考えてみましょう。
ここで注意するのが、登山の時は一枚か二枚だけの重ね着でいいと思っていてはいけないんです。というのも、登山において登山中と下山時ではかなり寒暖の差がでてきます。そこで自分の体温を調整できるよう、何枚も服を重ねて着ることが大切になります。
特に汗を吸収しやすい服を何枚も着ておき、体が熱いと感じれば着脱し、体温をコントロールすることで登山時の疲労をかなり軽減することができます。
汗が冷えて体温が下がってしまうと、体力も奪われてしまうので、こまめな調節ができるように工夫しましょう。
透湿性素材がおススメ!
富士登山のウェアの中で、特に重要になってくるのが透湿性素材雨具、つまり防湿性のウィンドブレーカーです。
自分の安全を守るために必要な物なので、必ず用意しなければいけません。選ぶのが難しい初心者にはゴアテックスウェアがお勧めです。これを着ることで、雨が降ってきた場合や気温の低いときに、体温が奪われることを防ぐことができます。そして、ゴアテックスは雨に濡れても蒸れることなく、汗などの水蒸気を通すことができるので、不快感なく体温を下げすぎず、上げすぎずキープすることが出来ます。
また、上下セパレートタイプを用意しましょう。なぜなら、富士山は下からも風が吹くことがあり、ポンチョのようなものは舞い上がってしまいます。

雨に濡れると、それだけでとても疲れてしまい、登山どころでなく体調を崩してしまう事にもなりますので、しっかりしたものを用意しましょう。
夏場にマイナス気温もあり得ます!
もう一つ登山時に大切な服として知っておくべきは防寒着。
特に、日の出前や日が沈んだ後やはかなり寒くなりますので、しっかりと防寒着を着ることが必要になります。五合目と山頂の気温差は10℃近くにもなります。
防寒着はレインウェアなど上着の下に着用し、素材としてはダウンジャケットやフリースを選択するといいでしょう。ダウンジャケットやフリースも普段着のものは重くかさ張り、収納に苦労しますが、山登り用のものは軽く、保温性が高く、しかも吸汗性も優れていますので、初心者の方にはお勧めです。山登り用のダウンジャケットなどはコンパクトに収納が可能となっています。着脱もしやすいので、ちょっと暑くなった時には、脱いで体温を下げ、寒くなった時にまた着込んだりと、こまめな対応が登頂成功の秘訣です。
温度変化が激しいので速乾性のモノがおススメ!
汗や雨で濡れた衣類は体温を奪い、体力を消耗させますので、速乾性素材のものがおススメです。
気温が低く、天候が安定しない山の上では、綿素材のものは乾きにくく、体力を奪うことになりがち。
ズボンはピッタリのサイズよりも少し余裕のあるものが良いでしょう。
ジーンズは、素材・厚さで特に乾きにくいので不向きです。
 

PR