【公式】富士吉田市観光ガイド

東洋館

とうようかん
海抜1万尺、七合目最後の山小屋

標高3,000メートル、吉田口登山道(吉田ルート)七合目最後の山小屋であり、記録が残っているだけでも10代以上続く、歴史ある山小屋。古くは小屋主の名前から「藤五郎小屋」とも言われていました。またカマ岩尾根の一番上に位置して落石等の危険も少ないことから「安全室」とも呼ばれていました。
 昭和に入って間もなくはここ東洋館には警察電話が設置され、昭和25年から55年までは警察の臨時派出所も置かれていました。(昭和56年以降は六合目安全指導センターに移行)
 山小屋の下には「お穴」といわれる八畳ほどの水の滴る溶岩洞窟があり、水にまつわる神として八大竜王が祀られています。また、山小屋では水が大変貴重で、現在よりも運搬が困難な時代には、雨水の他に吉田大沢にある万年雪を屋根に載せて溶かして利用していました。しかし、足場の悪い場所で、切り出し、背負子で運んでも得られる水の量は僅かだったとのことです。

(出典:富士山吉田口環境保全協議会 山小屋だより)

マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田富士山北向
電話番号 0555-22-1040(予約開始は5月中旬から。)
営業時間 予  約:ホームページもしくは電話
     ネットおよび電話予約開始  5月中旬
空室情報:ホームページもしくは電話にて問合せ
休業日 令和2年につきましては、休業となります。
アクセス 富士スバルライン五合目から徒歩約3時間30分
トイレ あり:チップ制 ¥200/回
備考 個室あり

このスポットから近い「吉田のうどんが食べられる店」

このスポットから近い「ランチならここ!おすすめ飲食店(吉田のうどん店以外)」

このスポットから近い「地元民オススメのお店(夜編)」

PR