【公式】富士吉田市観光ガイド

泉水(せんずい)

せんずい(せんずい)

富士講の歴史と源頼朝伝説が残る湧き水跡

富士八海の一つとされる「泉水(仙瑞)・せんずい」があった場所で、富士講の人びとはここに立ち寄り水垢離(みずごり)をしました。泉水は“仙瑞”とも表記されますが、これは伝説で源頼朝が巻狩(まきがり)で富士を訪れた際に、鞭(むち)で岩を突いたところ、水が湧き出てきたので、浅間の奇瑞(きずい・良いことが起こる前の予兆の意)であることからもその名がついたといわれます。すぐそばには泉端水神社があり、これは御手洗竜王を祀り講中拝礼の聖地として参拝されてきました。今では池は枯渇してしまっているものの、現在でも浅間神社の境内の手水舍から流れてくる水は泉端の水を引いています。

マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田
最寄りのバス停からの徒歩 富士急行富士山駅バスより浅間神社前下車徒歩約60分
車でのアクセス 中央自動車道河口湖ICから約10分
東富士五湖道路富士吉田ICから約10分
駐車場 なし

このスポットから近い「吉田のうどんが食べられる店」

このスポットから近い「ランチならここ!おすすめ飲食店(吉田のうどん店以外)」

このスポットから近い「地元民オススメのお店(夜編)」

PR